ホーム>>イギリス進学について

イギリス進学について

イギリス大学入学について

概要

概要

大学の歴史はイギリスから始まっており、世界的にも有名なオックスフォードやケンブリッジといったオールドユニバーシティは創立が13世紀と非常に歴史があります。また、イギリスの大学への進学システムは他の国に比べて特殊で現地の学生が大学へ進学するためにはGCE-Aレベルの受験コースを受けなければいけません。

大学進学への道

日本の高校卒業資格がイギリスでは大学進学基準に満たないので日本人が大学に入学する際はほとんど大学準備コースであるファウンデーションコースに入学することになります。留学生はファウンデーションコースで専攻を希望する学科に合わせた基礎学科を履修し、試験を合格しなければいけません。

ファウンデーションコースについて

ファウンデーションコースはGCE-Aレベルを持たない人たち向けのコースで高校卒業資格とIELTS「5.0」程度以上の英語力があれば入学可能です。
また、通常留学生のコースは1年なので大学の3年と合わせて日本の大学と同じように最短4年で卒業できます。

IELTSについて

日本ではあまりなじみのないIELTS(アイエルツ)ですがイギリス系の大学進学の際、もっともよく使われる英語力の証明書です。日本でも受けることができ、日本ではブリティッシュカウンシルがその運営を行っています。留学生が受けるのはアカデミックモジュールになり、TOEFLとはかなり試験の仕様が異なるため専用の対策が必要になります。世界的に英語力が低いとされる日本人ですが意外にも公表されている日本人の平均スコアは5.59とそれほど低くないようです。

トップへ戻る

DEOW留学センター