ホーム>>イギリス教育制度

イギリスビザについて

教育制度について

概要

概要

日本とイギリスの教育制度の大きな違いは、イギリスでは学校に一定期間在学して勉強しても、必ずしも日本のように中学卒業や高校卒業といった卒業資格にはつながらない点です。イギリスでは、中等教育の期間中に統一試験があり、その試験結果が、その後の進路に大きく影響します。

中等教育

中等教育

中等教育は11〜18歳までの7年間で、最初の5年間、すなわち16歳までが義務教育です。義務教育修了時に、政府が実施する中等教育修了試験(GCSE = General Certificate of Secondary Education)を受験し、その後、大学に進学するための2年間の上級課程に進む、そのまま就職する、職業的な資格を身につけるために専門学校へ行くといった進路に分かれます。

2年間の上級課程(Sixth form)においては、大学進学にそなえGCE(General Certificate of Education)という統一資格試験のASレベル(Advanced Subsidiary Level)ならびにAレベル(Advanced Level)を取得するために勉強します。学校によっては、インターナショナル・バカロレアやAVCE(職業教育分野でGCE-Aレベルに相当する資格)などを取得できるコースもあります。1年目でASレベルから4〜5科目までを選択し、2年目にこの4〜5科目から3〜4科目を選び、GCE-Aレベルの最終グレードが決定されます。このAレベルの結果は、大学の入学選考の重要な審査基準になります。

Sixth formの課程を有していない5年制の中等学校の生徒が進学を希望する場合には、Sixth formだけを7年制の中等学校で学ぶこともできます。また、Sixth formだけを有するSixth Form CollegeやTutorial Collegeと呼ばれる、いわば資格取得を目的とした学校もあります。 イングランド、ウェールズ、北アイルランドの中等学校に留学し、引き続きこれらの地域の大学に入学を希望する留学生は、現地生徒と同様にSixth formで2年間勉強した後、GCE-Aレベル資格を取得しなければなりません。

トップへ戻る

DEOW留学センター