ホーム>>オーストラリア都市概要

オーストラリア都市概要

  • 生活全般
  • お金について

概要

基礎知識

基礎知識

オーストラリアは人口およそ1970万人の小規模な大陸国家。建国よりまだわずか220年程度の若い国です。国土は日本のおよそ22倍と言われています。しかしながら地球のヘソと呼ばれるエアーズロックをはじめ、内陸部は砂漠化が激しく、ほとんどの都市が海岸線沿いにあります。首都はキャンベラ、メルボルンとシドニーの丁度中間に位置しています。

首都であるものの、経済の中心ではなく、政治機構のみが存在するところです。オーストラリア最大の都市はシドニー。人口およそ500万人ともいわれ、アジア系をはじめ多くの人種が集まっています。次にメルボルン、ブリスベンと東海岸に大都市が多くついで西海岸のパースやワインで有名なアデレードやグレートバリアリーフで有名なケアンズなどがあります。

概要

正式国名 オーストラリア連邦 Commonwealth of Australia
首都 キャンベラ Canberra
面積 769 万平方キロ
人口 1,971 万人
主要言語 英語
  • トップへ戻る

様々な気候

様々な気候

面積は実に日本の21倍というオーストラリアだけあって、気候は実に多様です。南半球の国であるため、基本的に季節は日本と逆。しかし、四季を持つのはシドニーやメルボルンなど大陸南部海岸の都市だけで、大陸北部海岸沿いは乾季(だいたい5月〜11月)、雨季(だいたい12月〜4月)の二季のみになります。ただし雨季といっても本当に雨が多いのは1〜2月で、その他の時期は毎日スコールがある程度です。

逆に乾季は、本当に雨が降りません。大陸南部は砂漠性の乾燥地帯で1年を通じてほとんど雨は降りませんが、6〜9月はすごしやすいが、朝・晩の冷えこみが厳しいです。逆に11〜4月は日中40度近い気温になることも珍しくありません。

オーストラリア国内の時差

オーストラリアは国内でも時差があるくらい大きな国です。太平洋側から西海岸まで大きく3つの時間帯に分かれます。シドニー地域から他地域への時差は下記の通りです。

都市名 タイム・ゾーン シドニーからの時差
ケアンズ
ゴールドコースト
シドニー
メルボルン
イースタン・タイム -
アデレード
エアーズロック
セントラル・タイム −30分
パース ウエスタン・タイム 2時間
  • トップへ戻る

日本との時差

シドニー地域の日本との時差は日本からプラス1時間です。日本の午前10時を基準に比較した場合、各地域の時間と時差は下記のようになります

都市名 時間 時差
日本 午前10時 --
ケアンズ
ゴールドコースト
シドニー
メルボルン
午前11時 +1時間
アデレード
エアーズロック
午前10時30分 +30分
パース 午前9時 −1時間

夏時間(サマータイム)

シドニー、メルボルン、アデレードなどでは毎年10月最終日曜日から3月第1日曜日までサマータイムを実施しています。この間、時計を1時間早めることになりますので、日本との時差はさらに広がります。

都市名 時間 時差
日本 午前10時 --
ケアンズ
ゴールドコースト
シドニー
メルボルン
午前10時 ±0時間
アデレード
エアーズロック
午前9時30分 −30分
パース 午前8時 −2時間
  • トップへ戻る

トップへ戻る

DEOW留学センター