ホーム>>オーストラリア高校概要

オーストラリア大学概要

高校について

概要

概要

オーストラリアへの中・高校生が留学する場合、交換留学制度と私費留学制度があります。大部分は交換留学生で1年間の留学生か1年以下の短期留学生ですが、1986年にセカンダリースクールあるいはカレッジ、TAFE、大学の特定コースに限り、入学基準を満たし、授業料を全額負担すれば留学生を受け入れるという私費留学制度が導入されたことにともない、私費留学生は増加傾向にあります。

オーストラリアへ留学するのに最低年齢の定めはありませんが、18歳未満の場合には、両親あるいは保護者が許諾書に署名して提出することになっています。

交換留学

交換留学

交換留学で留学する場合は、通常、中学3年生、高校1,2年生の1学期にプログラムを実施している教育交流団体の選考を受け、合格した場合には翌年の1,2月の新学期に合わせて出発します。選考からオリエンテーション、学校・滞在先の選定、出発手続きなどすべて団体が行います。

交換留学制度は国際相互理解のやめとする民間交流活動の一環に位置づけられていますから、この主旨をよく理解してプログラムに参加することになります。

  • トップへ戻る

私費留学

オーストラリアの教育機関が留学生を受け入れる場合には、ビザ発給申請可能な学校であるといったような、一定基準を満たし、政府登録をしなければならず、学校の選定・教育水準は一定以上に保たれるように配慮がなされています。

授業料と生活費

授業料と生活費
の目安
年間AU$8500〜20,000

授業料と生活費

オーストラリアの高校の授業料は学校によりかなり差がありますが、年間AU$8500〜20,000くらいが目安です。生活費についてはどのような地域に住むのかによって異なりますが、学校の寮の場合、月平均AU$850〜1400、ホームステイの場合、月平均AU$600〜1000くらいとなります。

これらには往復の旅費や滞在中の小遣いなどは入っていません。また、留学生は保険に加入することを義務付けられているので保険料も別途かかります。

トップへ戻る

DEOW留学センター